HOME C.AMERICA S.AMERICA BLOG CONTACT  
TICAバス
  HOME中南米ツアー体験記 > TICAバスの旅

 



TICAバスの旅 (コスタリカ〜グアテマラ)


中米諸国を走る国際バスに乗る



コスタリカの国際バス「TICA bus」に乗る

中米諸国を走る国際バスは何社もありますが、最も有名で信頼できるのがTICA Busでしょう。この会社のバスはメキシコのタパチュラからパナマのパナマ・シティまで路線があり、中米6カ国の首都をつないでいます。今回は、コスタリカの首都サン・ホセからグアテマラの首都グアテマラシティまで移動しますが、TICA Busはサン・ホセからニカラグアを経由してエルサルバドルの首都サン・サルバドルまで。また、サン・サルバドルからグアテマラシティまでは別の会社のバスを利用しました。

TICAバスルート
今回利用した国際バスのルートです。TICA Busは南はさらにパナマシティまで、北はメキシコの国境近くの町タパチュラまで運行しています。

 

TICAバスは便利で安心・・・

中央アメリカ(中米)は、基本的に6か国で構成されていますが、いずれも小さな国なので各国間の主な移動手段はバスとなっています。国際バスを運行している会社は何社かあるのですが、もっとも有名で信頼されているのがTICA Busだと思います。コスタリカ人女性を意味するTICAという言葉を社名に使っているのはコスタリカの会社だからでしょう。

内戦が続いていた1980年代でもTICA Busを利用すれば比較的安全に中米を通り抜けることができました。TICA Busはホテルが併設された独自のターミナルを持っているため、バスの乗り継ぎでも外に出る必要がないという利点があります。チケットはもちろんターミナルで購入できますが、事前にインターネットで購入することもできます。

TICAバス
TICA Busの切符を売っているサイト

サンホセ発、朝の3時!!

今回の旅は、コスタリカの首都サン・ホセからグアテマラの首都グアテマラシティまで行くのですが、途中エルサルバドルの首都サン・サルバドルに寄ります。まず、サン・サルバドルまでの切符を買うことにしてタイムテーブルを見ると、1日でサン・サルバドルに到着するには朝の3時発のバスに乗る必要があることが分かりました。ニカラグアの首都マナグア経由で、サン・サルバドルには夜11時ころ到着となっています。急がず、午前中のバスでマナグアまで行き一泊という方法もありますが、3時発のバスで行くことにしました。

ターミナルに併設されているホテルの空き部屋を確認してからチケットを買いました。TICA Busのホテルは場所によってレベルが違うのですが、サン・ホセの場合は安いビジネスホテルのような感じで綺麗ですし悪くありません。受付の女性にバスの出発時間を告げて、モーニングコールをお願いしました。


サン・ホセに中心部にあるTICA Busのターミナル


ニカラグア国境へ

朝3時、まだ暗い中をバスは出発。乗り心地のいい大型バスです。7時ころになると下写真のような朝食BOXが配られました。結構大きなハンバーガーが美味しかったです。

TICA Bus食事


やがて、バスはニカラグアとの国境に到着。バススタッフの指示でイミグレーションに行きコスタリカ出国とニカラグア入国の手続きを済ませます。ちょっと緊張する場面ですが、同じバスの乗客など大勢の人が並んで手続きをしますから問題はありません。駐車場には他のバス会社の国際バスも数多く停まっています。




ニカラグアの税関検査はテーブルに上に乗客全員の荷物を並べて行います。終わった人から荷物をバスに乗せて行きますが、結構時間がかかるのが面倒です。




エル・サルバドルへ

国境を越えて少ししたら昼食が出ました。チャーハン、野菜サラダ、トルティーヤ、揚げバナナ、フリホーレスというメニューでした。普通に美味しいです。




マナグアで少し休憩し、次はサン・サルバドルへ向けて出発です。辺りが暗くなってから、ニカラグアとエルサルバドルの国境越えとなりました。写真はないのですが、この国境越えはコスタリカとは異なり、暗い車庫のような場所にバスが入り、兵士によるチェックが入るなど少し気味が悪かったです。何事もなく通過できたので良かったのですが…。その後、バスは給油のために休憩となりました。乗客はガソリンスタンドの売店でお菓子を買ったりして、空腹を紛らわしています。




夜11時ころにサン・サルバドルに到着です。中米の中でも治安の悪さで有名な街ですから、バスが暗闇を走るのは気持ちがよくありません。やがて、バスが停まり、数人の乗客が降りていきます。向かいにはホテルがあり路上に立った係員が乗客を案内しています。私もバスを降りて、このホテルには泊まれるのか聞いてみました。しかし「事前に予約している客だけだ」と言われました。よさそうなホテルだっただけに残念です。写真はサン・サルバドルの繁華街です。




バスの運転手が「ターミナルにホテルがあるから大丈夫だ」と言うので、再びバスに乗り終点のTICA Busのターミナルに向かいました。11時半ころになってターミナルに到着。乗客のうち10数人が併設のホテルに泊まるようでした。まあ、こんな夜に街を歩くなんてできません。このホテルは部屋数は多いようですが、施設はひどいもので、写真のようにバックパッカー向けの安ホテルレベルでした。





翌朝、サン・サルバドルからグアテマラシティまでは別の会社のバスを使おうと思い、プエルト・バス・ターミナルにやって来ました。この路線は様々な会社のバスが走っていますが、プエルト・バス・ターミナルが比較的近くて使いやすかっただけのことです。 プエルト・バス・ターミナルにもホテルが併設されていますが、こちらはTICA Busのホテルより上質です。写真はホテルの部屋の外にあるテラスです。





プエルト・バス・ターミナルのホテルの部屋はこんな感じです。設備も整っていますし、清潔感があって、居心地はよかったです。

プエルト・バス・ターミナルのホテルの部屋


世界遺産ホヤ・デ・セレンへ

エルサルバドルにやってきた目的は世界遺産であるホヤ・デ・セレン遺跡を訪問するためでした。早速、市内や近郊の路線バスが集まる西ターミナルに行き、ホヤ・デ・セレン遺跡に行くバスを探して乗り込みました。バスに乗る時、運転手に「ホヤ・デ・セレンに着いたら教えて下さい」と伝え、降り易いように運転席のすぐ後ろに座ったのですが、これが、たまにある暴走バスだったのです。

バスは、幹線道路に出るや猛スピードで他の車をまくったり、かわしたりの連続。行く手を遮る車があると、空ぶかしで威し、追い抜きざまに、相手の運転手を睨み付けるのです。運転手の後ろに座った私にはすべてが見えるため、怖くて仕方ありませんでした。乱暴な運転をするだけあって、この運転手はかなりの強面ですが、意外に親切で、遺跡の少し前から私に合図し「次の停留所だぞ」と教えてくれました。これは助かりました。





ホヤ・デ・セレンの前でバスを降りると、思ったより立派な作りの施設がありました。ここの発掘調査や遺跡整備には日本がかなり援助していると聞きました。




ホヤ・デ・セレンは、火山の噴火によって発生した火山灰に埋もれたマヤ文明の農耕集落の跡です。このため、「中米のポンペイ」とも呼ばれています。

灰に埋もれた住居跡から遺体は発見されていませんから、住民が逃げ遅れて亡くなることはなかったようです。火山の爆発を見た村人たちは大急ぎで避難したのでしょう、家財道具から用意された食事までもが後に残されました。また、降り積もった火山灰は比較的温度が低かったそうで、食物などが元の形を残しているなど、保存状態がかなりいいのが特長です。




遺跡は、雨や風に当たらないように、全体が屋根掛けされた巨大な施設の中にあり、厚い火山灰の堆積の中から掘り出したマヤの農民の家や貯蔵庫、儀式用の蒸し風呂などを見ることができます。




出土品の壷などを展示した博物館もあり、思ったよりよく整備された、いい遺跡だと思いました。




グアテマラシティへ

プエルト・バス・ターミナルからは「キングス・クオリティ」という大げさな名前のバスが出ています。写真のようなバスですが、TICA Busのバスと比べると少しレベルが低いようです。どうやら、この会社のバスにはグレードがあって、料金が高いバスは居心地がいいと聞きました。このバスのいいところは、出発時刻が早朝5時、7時半、9時と選べることです。私は、7時半を選びました。グアテマラシティまでの所要時間は6時間程度ですから、昼過ぎには到着することになります。




短い滞在だったサン・サルバドルとお別れです。写真はターミナル近くにあったカトリックの教会です。



 

バスは順調に走りましたが、グアテマラシティに入ると大渋滞に巻き込まれました。グアテマラは中米諸国の中では経済規模が大きく、サン・サルバドルやサン・ホセなどより近代化が進んでいる感じです。以前、TICA Busでサン・サルバドルからグアテマラシティに入った時、乗客たちが喜びの声を上げたことがありましたが、新市街の美しさを見るとその気持ちがよくわかります。やがてバスは街の中心から少し離れた所にあるターミナルに到着。地元の人が多いバスの乗客には都合がいい場所かもしれませんが、旅行者向きの場所ではありませんでした。

写真は比較的治安のいい新市街であるZona9の通りです。グアテマラシティは街の中心部である旧市街のZona1から国際空港方面へ向かって数字が増えていき、Zona9、10が大使館や大手企業、高級ホテルなどが多い地区になります。


グアテマラシティ中心部



ページトップへ


ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved