HOME C.AMERICA S.AMERICA BLOG CONTACT  

カンクン

PR

 

ユカタン半島 遺跡巡りの旅:第1回


メキシコの巨大リゾート カンクン

 

目次に戻る 次回へ進む



驚くほど青い海と白砂の長い海岸

カンクンは、メキシコで最も有名なリゾート地として一年を通して多くの観光客を集めています。その最大の魅力は、驚くほどに青い海と白砂に覆われた長い海岸にあります。

世界的に見ても群を抜く美しさを誇るビーチは多くの旅行者を魅了し、メキシコはこの地の観光開発を強力に推し進めてきました。その結果、長いビーチ沿いには高級ホテルが林立し、その豪華さとサービスを競うようになったのです。ホテルの外にはレストランやショッピングセンターが並んでおり、夜の街路には賑やかな音楽が鳴り響き、観光客たちのお祭り騒ぎが繰り広げられています。

外海に面したビーチは美しい。
プンタ・カンクンから南の外海に面したビーチには超高級ホテルが多い。ダウンタウンに近いプラヤ・リンダ周辺は比較的安いホテルが多い。

 

外海に面したビーチは特に綺麗

カンクンのビーチは、大まかにいって外海に面したビーチと湾に近い形になっている部分に面したビーチに分けられます。外海に面したビーチの海は波は高いのですが明るいブルー色ですごく綺麗です。

ここにあるホテルはほとんどが高級で、オールインクルシブ・タイプのホテルも多いのです。オールインクルシブというのは、宿泊だけでなく、食事、飲み物、サービスがすべて込みの料金になっているもので、宿泊客はホテルにいる限りお金を持つ必要がないのです。

一方、湾に面したビーチも中海と外海をつなぐ川のような部分を境に、外海側とダウンタウン側に分けられます。ダウンタウン側は波がほとんどなく、海藻がたくさん溜まるために海は黒っぽくてきれいではありません。

私が泊まったホテルは、このビーチの最もダウンタウン側に位置していました。ビーチは狭く、両隣にボートの係留場がありましたが、その分料金は安いのです。せっかくカンクンに泊まるなら、少し高くてもできるだけ外海側、あるいは外海に近い場所にあるホテルを選んだほうがいいと思います。

 

プンタ・カンクン付近のビーチ。高級ホテルが並んでいる。

泊ったホテルの前のビーチ。ボートツアーの出発場所になっている。

 

カンクンビーチのマヤ遺跡

マヤの遺跡は、このカンクンにもあります。外海ビーチに並ぶ高級ホテルに囲まれて、ひっそりと立つのが「Templo de Alacran(さそりの神殿)」です。ビーチを見下ろす高台にあることから、監視所のような役割を持っていたと推測できます。

ちょっと見ると、ホテルの敷地内にある壊れた建物のように見えますが、ここは政府が管理している場所で、「ここに入って何かあってもホテルは責任を負わない」という注意書きがありました。

小さな遺跡ですが、ここから見るカンクンビーチの景色はなかなかいいので、カンクンに行く機会があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 

カンクンのビーチを望む高台に建つマヤの遺跡「Templo de Alacran」

カンクンは夜も楽しい!

カンクンの見所は多いのですが、広大なホテルゾーンには規模の大きなショッピング・センターが何ヵ所もあって、買い物や食事、アトラクションなどが楽しめるようになっています。中でもテーマ・パークのような大規模なショッピング・センターが「ラ・イスラ」です。土産物屋やブランドショップなども多いですし、海岸とは反対側のラグーンに面して並ぶレストランは雰囲気が良く、リゾート気分が満喫できます。

また、カンクンは夜の楽しみも欠かせません。ホテル・ゾーンの中心といえるプンタ・カンクン近くにはナイトクラブやレストランが集中しているのですが、特に有名なココ・ボンゴというクラブの周りは、ナイトライフを楽しむ観光客で大騒ぎです。この周辺は観光客が多く、危なくはないのですが、リスクは常にあるので注意して楽しみましょう。

大規模なショッピングセンター「ラ・イスラ」

夜のカンクンは賑やか!

安いホテルはダウンタウンにある

カンクンに滞在するバックパッカーなど、お金に余裕がない旅行者はホテルゾーンではなくダウンタウンの安いホテルに宿泊することになると思います。

空港から出ているダウンタウン行きのバスに乗ると、ダウンタウンの1等バスターミナルに着きますが、この周辺には安いホテルが多いのです。また、日本人の旅行者がよく利用する「ロサスシエテ」や「CASA吉田」といった日本人宿も歩いて行ける距離にあります。現在、CASA吉田は長期滞在のみの利用に制限しているようなので、確認してください。

ここからホテルゾーンに行くには、市内循環バスが便利です。トゥルム通りにある市役所前の反対側から、フロントガラスにR-1かR-2と書いてあるバスは、長いホテルゾーンを延々と走るので窓の外を見ていて好きな場所で降りればいいのです。

ダウン・タウンにあるバス・ターミナル(左)と市内を走る路線バス(右)

ダウン・タウンのバスターミナル周辺図



線

 

「目次」に戻る

 

「第2回」に続く



ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved