ソチカルコ メキシコ

世界遺産 メキシコ


羽毛の蛇の都市 ソチカルコ

ソチカルコの遠景

ソチカルコはメソアメリカの古典期後期に当たる西暦650年から900年ころにかけて栄えた古代都市。メキシコ中央高原の最大勢力だったテオティワカンが衰退すると同時に、ソチカルコの繁栄が始まる。以前はトルテカ文明が築いた都市とされていたが、近年、この説は怪しくなっている。テオティワカンにいた羽毛の蛇・ケツァルコアトル神を崇める勢力が別の神を崇める勢力と対立して分離し、ソチカルコなどの都市を築いたとの説もある。

由来は定かではないが、トルテカの王となったケツァルコアトルが若かりしころ、ソチカルコで天文学を学んだという伝説もあるようだ。

遺跡はモレロス州の州都クエルナバカ近郊の小高い丘の上にある。見晴らしがいい場所に都市を築いたのは、外敵の攻撃から守りを固めるためと考えられている。この遺跡で最も特徴的なのは、壁面に羽根毛の蛇ケツァルコアトルがのたうっている様子を浮き彫りにしたピラミッドが残されていることだ。1999年に世界遺産に登録された。




ソチカルコ遺跡の地図(右が北)。

石碑の広場(地図 法9場の中心には絵文字が彫られた石碑が立っている。向かいは西の神殿。

石碑の広場の北側にはソチカルコで最大の建造物である大ピラミッド(地図◆砲そびえる。

大ピラミッドの横を北に階段を上っていくと、基本広場(地図)に出る。ここは都市の中でも高い位置にあり、西にアクロポリス、東に住居、南に3つの石碑の神殿が配置されている。真ん中付近にあるのが、羽毛の蛇ケツァルコアトルの神殿。写真は西側のアクロポリス(地図ぁ砲ら広場を見たところ。

中型の神殿である「羽毛の蛇のピラミッド」は、周囲の壁全面にダイナミックな羽毛の蛇のレリーフが施されている。壁の内部には部屋が作られていることから、中に入って儀式を行ったものと推測される。

壁面の羽毛の蛇のレリーフ。左下にマヤの神官が座っていることから、ソチカルコとマヤが深い関係にあったことが分かる。

遺跡内は結構広い上、アップダウンが多い。日中の炎天下を長時間歩くとかなり疲れる。

ソチカルコは球戯が盛んだったようで、現在の遺跡内には3つの球戯場がある。写真はその一つ、南の球戯場(地図ァ法



ソチカルコの訪問レポートはこちら
第16回 ソチカルコ遺跡


線

 


★★★

評価の基準:★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。★★★★=かなりいい、是非一度見てほしい。★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。★=特にお勧めはしません。

世界遺産登録されたことで注目度が高まり、遺跡の整備も進んだ。規模の大きい遺跡で、全体から見るとまだ発掘と修復が行われているのはわずかだという。羽毛の蛇のピラミッドは小ぶりながらも浮彫がダイナミックで面白い。周囲の環境は、人里離れた山の上にあるだけあって自然が美しい。今後も注目度がアップして行きそうないい遺跡だ。施設は遺跡併設にしては立派な博物館がある。

線

 


遺跡観光のベース「クエルナバカ」

ソチカルコに近く、観光地としても人気が高い街がクエルナバカ。永遠の春の街(La Ciudad de la Eterna Primavera)と呼ばれ、一年を通して気候がいいことで知られている。
  街はコンパクトにまとまっており、中心街にはコロニアル風の美しい街路が広がる。観光的には見るべきものは多くないが、のんびりと都会の疲れを癒すのに向いたところだ。

 

線



モレロス州の州都クエルナバカからソチカルコ遺跡行きのバスが出ている。遺跡の前を通る路線バスは市バスのターミナルから1時間に1本程度ある。クエルナバカの街中にあるPullumam de Morolos社のターミナルから出る遺跡行き直行バスは早くて快適だが、本数が少ない。途中までPullumam de Morolos社のバスで行き、166号線の遺跡入口で路線バスかタクシーに乗り換える手もある。

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved