マヤ文明関連の博物館
メキシコ国立人類学博物館 グァテマラ考古学博物館
ルフィーノ・タマヨ博物館 ポポル・ブフ博物館
マヤ世界大博物館 イシチェル博物館
メリダ歴史人類学博物館  
マヤ文化博物館  

  Museo Nacional de Antropologia (MEXICO)

メキシコ国立人類学博物館(メキシコシティ) HP

ラテンアメリカ地域最大の博物館

メキシコだけでなく、ラテンアメリカ地域最大の博物館がこのメキシコ国立人類学博物館。メキシコを中心としたメソアメリカ地域の古代文明の遺物が部屋ごとに分かれて展示されている。建物のデザインは、ウシュマル遺跡の尼僧院から着想したものといわれている。

マヤ関連の見どころは、パレンケ遺跡の碑銘の神殿から発見されたパカル王の墓や上写真のようなマヤの神殿壁面の復元模型などがある。

◆博物館への行き方

メキシコシティの西に位置する巨大な「チャプルテペック公園」の中にある。地下鉄で行くなら、チャプルテペック駅がいい。チャプルテペック駅から博物館までは、緑の濃い公園の中を歩いて約15分くらい。

◆インフォメーション

火曜〜日曜 9:00 〜19:00 pm/月曜日は閉館日

  Rufino Tamayo Museo de Arte Prehispanico

ルフィーノ・タマヨ古代美術博物館(オアハカ) HP

規模は小さいが質の高い展示物が多い

スペイン植民地時代のコロニアル調の建物が多く、中世の落ち着いた雰囲気が楽しめる町オアハカ。ここにあるのが、世界的に有名なメキシコの壁画家であるルフィーノ・タマヨが収集した古代文明の美術品を展示した博物館。規模は小さいが、収集品の質が優れている。

展示物は地元のサポテカ、ミシュテカに加えて、オアハカ、トトナカ、テオティワカン、マヤと、メソアメリカの様々な文明のものがある。収集者が芸術家だけあって、コレクションの美しさが際立っている。上の写真は、マヤの石調だが、造形やデザイン的な美しさでこれに勝るマヤのレリーフにはなかなかお目にかかれない。

◆博物館への行き方

オアハカはメキシコ南部の主要都市。博物館は町の中心部にあるソカロ広場から歩いて10分程度。Av. Morelos 503

◆インフォメーション

月曜〜土曜 9:00〜14:00 16:00〜19:00/ 日曜 9:00〜15:00 /火曜日は閉館日

  Gran Museo del Mundo Maya

マヤ世界大博物館(メリダ) HP

マヤの近代的な博物館

2012年9月にメキシコ、ユカタン半島のメリダに開館した新しいマヤ専門博物館。これまでにない近代的デザインと展示にハイテク技術が取り入れられているのが特徴。

展示面積は1600平米の常設展示と600平米の企画展示スペースがあるが、少ない展示物を補うためビデオなどの映像が多用されている。古代史関連の上映を行う映画館もある。

◆博物館への行き方

メリダの北に位置する、ユカタン21世紀コンベンションセンターの前にある。中心街からはタクシーで15分ほど。C.60 Norte. Unidad Revolucion, Ex-Cordemex.

◆インフォメーション

月曜〜日曜 8:00〜17:00

  Museo Regional de Antropologia e Historia de Merida

メリダ歴史人類学博物館(メリダ)

ユカタンのマヤの遺物を集めた地方博物館

ユカタン半島に花開いた古代マヤ文明の遺物を展示している博物館。土器、土偶、石の彫像など質の高い展示品が多い。ただ、展示品の量が少なく、すぐ見終わってしまうのが残念。

博物館の建物は「Palacio Canton」といい、州知事の家族が暮らした豪華な歴史的建造物。

◆博物館への行き方

メリダの北にあるPaseo de Montejoという大きな通りに面している。市の中心部から徒歩で約20分くらいで行ける。

◆インフォメーション

火曜〜土曜 9:00〜16:00/日曜 8:00〜14:00

  Museo de la Cultura Maya

マヤ文化博物館(チェトゥマル)

マヤ文明の全体が理解できる模型展示

マヤ文明の遺物はなく、すべて模型やイミテーションで展示物が構成されている。各地にあるマヤのピラミッドを比較できる模型や石碑の複製品などが、ゆったりとしたスペースに展示してある。上写真は、マヤの様々なピラミッド神殿の模型を並べて、大きさや形などの違いを比較できる展示。

考古学博物館ではなく科学博物館としてみればいいだろう。マヤの全体像を知るにはいいかもしれない。

◆博物館への行き方

チェトゥマルの中心部、市場に隣接して博物館の建物が建っている。

◆インフォメーション

火曜〜木曜 9:00〜19:00/金曜〜土曜 9:00〜20:00/日曜 9:00〜19:00



  Museo Nacional de Arqueologia y Etnologia

グァテマラ国立考古学民族学博物館 HP

マヤ文明の豊富な遺物を展示

グアテマラを代表する考古学と民族学の博物館。石碑や土器など展示品の量が多く、見ごたえがある。展示はオーソドックスで驚きはないが、見やすいのがいい。グアテマラのマヤを知るにははずせない博物館。

グァテマラにあるマヤ文明の代表的な遺跡であるカミナルフユ、ティカルなどの部屋があり、石碑や石の彫刻が数多く展示されている。マヤ文明に関する展示物では、質と量ともに他の博物館の追随を許さないほど充実している。

◆博物館への行き方

グァテマラシティの中心部から空港方面にバスで15〜20分ほどの所にある。周辺には、動物園と土産物屋が集まったショッピングセンターがある。

住所:6a. calle 7a. Avenida, Salon No.5 Finca La Aurora Zona 13 

◆インフォメーション

火曜〜金曜 9:00 〜16:00/土曜・日曜 9:00 〜12:00 13:30 〜16:00/月曜日は閉館日

  Museo Popol Vuh

ポポル・ブフ博物館(グアテマラシティ) HP

マヤ遺跡の出土品を集めた博物館

大学のキャンパス内にあるマヤ遺跡から出土した壷や香炉などを品を集めたかなり質のいい博物館。

小型のマヤの石像なども展示しているが、特に土器には質のいいものが多い。新しい博物館だけに展示方法も比較的優れている。

◆博物館への行き方

グァテマラシティのZONA10にあるフランシスコ・マロキン大学内にある。キャンパスに入る際にパスポートなど身分証明書のチェックがある。町の中心部からは歩いてもいけない距離ではないが、市内循環バスを使ったほうがいい。近くには高級ホテルやアメリカ大使館がある。

◆インフォメーション

月曜〜金曜 9:00 〜17:00/土曜 9:00 〜13:00/日曜日は閉館日

  Museo IXCHEL

イシチェル博物館(グアテマラシティ) HP

グアテマラ各地の民族衣装を展示

グアテマラの先住民は地域や村ごとに独自の織物を作製して身に付ける習慣があり、中には芸術的な域にまで達した作品も少なくない。この博物館では、そういう各地の織物や民族衣装を収集している。グアテマラ各地を訪れる前に一度見ておきたい博物館だ。

◆博物館への行き方

グァテマラシティのZONA10にあるフランシスコ・マロキン大学内にある。町の中心部からは歩いてもいけない距離ではないが、タクシーか市内循環バスを使ったほうがいい。

◆インフォメーション

月曜〜金曜 9:00 〜17:00/土曜 9:00 〜13:00/日曜日は閉館日

 

ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved
ラテンアメリカ博物館