ミトラ遺跡(ミシュテカ文化) メキシコ
雷文デザインのモザイク装飾を施したミトラ遺跡の円柱グループの建造物

ミトラは、モンテ・アルバンの最盛期にあたる紀元300〜400年ころにサポテカ族により建設が始まったといわれる。このころ、オアハカ周辺では、様々な都市が建設され、この地方は文化的にも非常に発展を遂げている。

モンテ・アルバンは、紀元800年ころに衰退、放棄されるが、ミトラはその後もサポテカ族の中心地として繁栄する。しかし、やがて勢力を強めたミシュテカ族が、ミトラを支配。華麗なモザイク装飾を施した宮殿などがある円柱グループが建設されたのは1300年〜1400年ころとされている。

ちなみに、ミトラはナワトル語で「死者の場所」を意味するミクトランからきている。サポテカからミシュテカ、アステカ、さらにスペインへと支配者が変わっても地元住民による宗教儀礼の場所として維持されていた。


オアハカの西の町外れにある2等バスターミナルからミトラ行きのバスが出ている。ミトラの町はオアハカから40kmほどだがローカルバスだと1時間以上かかる。ミトラ遺跡へ行くツアーは、イエルベ・エル・アグアなど、オアハカ周辺の人気観光地を回る1日コースがある。

 

ミトラ遺跡の円柱グループには中庭を持つ四角い二つの建造物がある。その北側の建物にある宮殿と呼ばれる場所への入り口。 階段脇の壁は赤い漆喰で塗られている。


宮殿の出入り口の上部にあるモザイク模様。間の細い部分にはスペイン語が彫り込まれている。


出入り口と宮殿の間にある円柱のサロン。巨大な石を削りだして作った石柱が印象的だ。


宮殿も中庭を建物が取り囲む形になっており、壁面には雷文と呼ばれるデザインのモザイクがびっしり。


宮殿の内壁にもモザイクがはめ込まれている。ここは、王族など高位の人物が利用した建物と考えられている。


宮殿の前には四角い中庭がある。周りを囲む建物はかなり崩れている。

建造物の地下は墓所になっており、ここにもモザイク装飾が施されている。



勝手に評価/お勧め度 ★★
★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。
★★★★=かなりいい、一度見てほしい。
★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。
★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。
★=特にお勧めはしません。

こじんまりした、美しい遺跡。このモザイク模様は、オアハカ地方を象徴するようなデザインになっている。繊細なモザイク模様は美しいのだが、それ以外の見所がほとんどなく、遺跡としては魅力に乏しい。この遺跡がある村では織物などの民芸品が豊富に売られていて、オアハカ市内より少しは安いそうだ。地元の人々の生活や地方の村の様子を知るためにも行ってみる価値はあるだろう。

 

ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved
ラテンアメリカ博物館