カバー遺跡(マヤ文明)メキシコ
ユカタン半島の主要都市メリダの南に点在する遺跡群の中で、雨の神チャックの顔の壁面「コズ・ポープ(上写真)」で知られているのがカバー遺跡だ。
 カバーは西暦600年ころから1000にかけて栄えたと言われる。約20km北西に位置する大都市ウシュマルの姉妹都市だったとされ、サクベと呼ばれるマヤの道で二つの都市はつながっていた。
 雨の神チャックの顔は、丸い部分がチャックの眼で、ほとんどが折れている鼻とギザギザの口がついている。この顔1つが30もの石のパーツの組み合わせてできているそうだが、壁面全体では300近くの顔があるというから、この壁を作るために費やした労力は計り知れない。



カバーは、メキシコ・ユカタン半島の中心都市メリダからバスで2時間程の所にある。メリダからローカルバスが出ているが、ウシュマル遺跡と一緒に回るツアーを利用するほうがいいだろう。周辺の遺跡をまとめて回る、ルータプークツアーもメリダのバスターミナルから出ている。

 

遺跡に入るとすぐ右側にあるのがチャックの顔の壁面コズ・ポープがある建物。かなり崩れているが、神殿の基壇部分の上にある建物がコズ・ポープだ。


コズ・ポープを正面から見たところ。チャックの顔は4つの出入り口の横の壁に残っているが、その上部は左端の一部を除いて崩れ落ちている。


コズ・ポープの下層部分に並ぶチャックの顔。最下層部のチャックの鼻が折れずに残っている。この鼻には下向きと上向きがあり、上向きは雨乞いの意味、下向きは雨に感謝という意味だそうだ。


コズ・ポープの裏側にある支配者とおぼしき人物の像。この像の手がちょっと変わった形をしているが、マヤ語でカバーは「強い手の男」という意味だそうで、その由来となった像だ。しかし、最近ではマヤ宇宙人説の一環で、このスタイルを宇宙飛行士と言う人もいる。


コズ・ポープに隣接する宮殿。上層部は一部を残して崩れているが、下層部と中層部が残っている。下層部壁面に円柱のデザインの切り石がはめ込まれ、中層部の窓に円柱が立てられている。これが典型的なプーク様式デザインだ。




勝手に評価/お勧め度 ★★★
★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。
★★★★=かなりいい、一度見てほしい。
★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。
★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。
★=特にお勧めはしません。

規模は小さいがコズ・ポープはやはり素晴らしい。これだけ手が込んだ切り石細工の壁面は他のプーク様式の遺跡では見れない。ただ、遺跡の整備が進んでおらず、現在公開されているのは一部というのが残念。
  道路を挟んだ反対側の地域にはウシュマルの魔法使いのピラミッドに似たピラミッドがあるが、まったく調査の手が付けられておらず、行くこともできない。アクセスはメリダからバスが出ているが、ウシュマルとセットのツアーを利用するのが一般的。周囲にはジャングルだけで何もない。

 

ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved
ラテンアメリカ博物館