ペテン・イッツァ湖  グアテマラ

グアテマラ北部、古代マヤの遺跡が数多く眠るペテン県にあるのがペテン・イッツァ湖。その端にフローレスと名付けられた小さな島が浮かんでいるが、かつて、ここにはタヤサルという古代マヤの都市があり、最後までスペイン軍の侵略に抵抗した。現在は、マヤの遺跡ティカル観光の基地となり、数多くの観光客で賑わう町となった。
 フローレスの中心にある小高い丘に登ると、向かい岸にタヤサルの名前が残る場所が見える。そこには展望台があり、周囲の自然やフローレスの独特な景観を楽しめるようになっているのだ。

ペテン・イッツァ湖周辺

グアテマラの首都グアテマラ・シティからペテン・イッツァ湖畔の町フローレスまで行く手段には飛行機とバスがある。フローレス行きのバスは数社が運行しており、それぞれの会社のバスターミナルから出発する。エアコン完備の豪華バスで所要10時間。


 

フローレスの玄関口。観光客向けのホテルやレストランが並んでいる。


フローレスの街路。カラフルな色に塗られた家が並ぶカリブ海的な景観。町中にはペンションや民宿が多い。


フローレスの中央にある丘に登ると湖の先に緑に覆われた半島、タヤサルが見える。


タヤサル側から見たフローレス。写真のような小船が随時運行されていて、地元民の足になっている。


タヤサルの展望台に上る道。一応階段が整備されていて、監視小屋もある。


木製の展望台が丘の上に建てられている。木が腐っていたりするので、上るには注意が必要だ。


展望台から見ると、湖に浮かぶフローレスがよく見える。島には隙間無く家が建てられている様子が分かる。


フローレスの一部が水没するほど、豊かに水を湛えた湖の光景が美しい。ここにはペスカード・ブランコと呼ばれる高級魚がいる。


観光で栄えている島だけに、レストランも充実している。湖沿いのレストランで出している特製ピザは、地元産のチーズを使っており、絶品だ。



ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved
ラテンアメリカ博物館