コバ遺跡(マヤ文明)メキシコ
コバはカンクンの南に位置するトゥルムから北西45kmのところにある規模の大きいマヤ遺跡だ。この地域では、近くにある湖の水を利用することで紀元200年ころから農耕が発達。それとともに人口が増加し、500年ころから多くの建造物が建築されるようになった。
 最盛期は、800年ころで、中心地域の人口は5万人に上ったといわれる。これまで、トゥルム遺跡の陰に隠れて、あまり注目されなかったが、その規模の大きさに加え、各種神殿や高さ42mの大ピラミッド(上写真)などの建築物の多様さが魅力となり、欧米の観光客が急速に増加しつつある。


ユカタン半島の観光の拠点カンクンから南へ130キロにあるトゥルムという町から1等バスで約1時間。バスはADO社の1等バスで、午前中の便で行き、午後の便で帰れるようになっている。

 

 熱帯林の中に点在する建造物群はグループ分けされている。上写真はグループDの「フレスコ画の神殿」。頂上部の椰子の葉ぶきの屋根のところに彩色されたフレスコ画が残っている。


 グループDの北にある楕円錐形の階段状ピラミッド神殿「Xaibe(シャイベ)」。マヤは円錐形のピラミッドをかなり残しているが、これだけ完全な形で見れるのは珍しい。


コバのハイライト、グループAのノホック・ムル(Nohoch Mul)の大ピラミッド。高さが42mあり、ユカタン半島北部の遺跡のピラミッドでは最も高い。階段はかなりの急勾配だが、ロープがあるため比較的楽に登れる。それにしても登る人が多く、1時間以上ここにいたが人波が途切れなかった。


ノホック・ムルピラミッドの上から見た景色。樹海の中に遺跡が埋もれているのが分かる。


ピラミッドの頂上で撮影した動画




勝手に評価/お勧め度 ★★★
★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。
★★★★=かなりいい、一度見てほしい。
★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。
★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。
★=特にお勧めはしません。

規模が大きいだけでなく、一つ一つの建物が古代マヤの雰囲気をよく伝えている。また、様々な建造物が密林の中に点在するため、観光客が多くても、神秘的な雰囲気が保たれているのがいい。歩いていても森林浴ができる感じだ。
 レストランや休憩所など周辺の施設は必要十分だし、アクセスもトゥルムの街からバスで1時間で行けるため、苦労がない。評価は★★★だが、あと★半分つけてもいい感じ。

 

ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved
ラテンアメリカ博物館