中米地域のお勧め博物館

グアテマラ国旗 コスタリカ国旗

 

戻る 博物館ガイドに戻る
せん
グァテマラ考古学博物館
ポポル・ブフ博物館
イシチェル博物館
コスタリカ国立博物館
黄金博物館

Museo Nacional de Arqueologia y Etnologia(GUATEMALA)

グァテマラ国立考古学民族学博物館 HP

マヤ文明の豊富な遺物を展示

グアテマラの首都にある中米地域を代表する考古学博物館。石碑や土器など展示品の量が多く、見ごたえがある。展示はオーソドックスで驚きはないが、見やすいのがいい。グアテマラのマヤを知るにははずせない博物館。
  グァテマラにあるマヤ文明の代表的な遺跡であるカミナルフユ、ティカルなどの部屋があり、石碑や石の彫刻が数多く展示されている。マヤ文明に関する展示物では、質と量ともに他の博物館の追随を許さないほど充実している。

詳細はグァテマラ国立考古学民族学博物館ホームページへ

◆主な展示物

マヤの村ごとに異なる民族衣装の展示。
マヤの都市のジオラマ。ピラミッド建設の様子が見られる。
トップに戻る せん
 

Museo Popol Vuh (GUATEMALA)

ポポル・ブフ博物館 HP

陶器を中心にマヤの出土品を集めた博物館

グアテマラの首都にあるマヤ遺跡から出土した陶器などを集めたかなり質のいい博物館。マヤ文明の研究に熱心なフランシスコ・マロキン大学のキャンパス内にある。以前は街中のオフィスビルの中にあったが、現在の場所に移転し、スペースも展示方法も良くなった。

詳細はポポル・ブフ博物館ホームページへ

◆主な展示物

蝙蝠の石像。
様々動物や神の造形が面白い香炉。
トップに戻る せん
 

Museo IXCHEL(GUATEMALA)

イシチェル博物館

イシチェル博物館 HP

グァテマラシティ ・ グァテマラ  

グアテマラ各地の民族衣装を展示

グアテマラの先住民が作る独特の民族衣装を展示している博物館。
 グアテマラの先住民は地域や村ごとに独自の織物を作製して身に付ける習慣があり、中には芸術的な域にまで達した作品も少なくない。この博物館では、そういう各地の織物や民族衣装を収集している。グアテマラ各地を訪れる前に一度見ておきたい博物館だ。

詳細はイシチェル博物館ホームページへ

トップに戻る せん
 

Museo Nacional de Costa Rica(Costa Rica)

コスタリカ国立博物館

コスタリカ国立博物館 HP

サンホセ ・ コスタリカ  

石でできた謎の球体で有名な博物館

古代から近代までのコスタリカの歴史的な遺物を展示している。コロニアル様式の建物もかつての植民地時代の生活をしのばせる。 この博物館で有名なのは、未知の古代文明の人々が作った石の球。大小さまざまな石の球があるが、ほぼ完全な球体になっている。いったいどのようにしてこんな風に加工したのか、また何のためにこんな石の球を作ったのかも不明という不思議な遺物だ。

詳細はコスタリカ国立博物館ホームページへ

トップに戻る せん
トップに戻る

Museo del Oro Precolombino(Costa Rica)

博物館外観

黄金博物館 HP

サンホセ ・ コスタリカ  

古代文明の黄金の装飾品を展示

コスタリカの古代文明の人々が作った黄金の装身具や儀式用の道具などが集められた、こじんまりした博物館。
  黄金で作ったクモやトカゲ、鳥など動物の装飾品が面白い。博物館の売店ではレプリカを売っており、ネックレスなどの装飾品にするとなかなかいい。

詳細は黄金博物館ホームページへ

 




 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved