マヤの世界を旅する

 

マヤ文明の古代遺跡やマヤの末裔の村などは、メキシコ南部から中米のグアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルまで5カ国に及ぶ広範な地域にわたって点在する。

また、この地域は美しいビーチや珊瑚礁、熱帯林、湖などの豊かな自然環境を有しており、エコツアーも盛んに行われている。

バラエティに富んだ楽しみ方ができる「マヤの世界への旅」では、行きたい場所やテーマによるルート選びが重要になる。ここでは、この地域を旅したいと考えている人のために、参考になるモデル・ルートと各地の見所を紹介する。




マヤ世界を巡るルートとしては、以下のような6つのモデルルートが考えられる。
マヤを代表する巨大遺跡が多く、人気が高いゴールデンルート。
あまり知られていない遺跡が多い、マニアックなルート。
人気の遺跡とマヤ先住民が住む村があり、人気上昇中のルート。
多くの都市が密林に眠る。神秘の遺跡探検ができる本格ルート。
マヤ系先住民が暮らす村が多く、文化と自然を堪能できるルート。
グアテマラ、ホンジュラス、エルサルを巡るマヤの辺境ルート。
自然に囲まれた遺跡が多く、エコツアーと遺跡探検が楽しめる。

 

 

マヤ地域で最も観光化が進んでいるのがユカタン半島の北部。半島の北東部にはメキシコ最大のリゾート地カンクン、 北西部にはマヤ遺跡巡りの拠点であるメリダがあり、いずれも多くの観光客でにぎわっている。

カンクンからトゥルム遺跡、コバ遺跡

多くの旅行者が滞在し、旅の起点ともなるのがカリブ海の一大リゾートであるカンクン。ここバスでから南に下ると真っ青な海に面したトゥルム遺跡がある。

遺跡近くにあるトウルムの街まではカンクンから高速バスが頻繁に走っておりトゥルム遺跡だけなら日帰りで行って来れる。しかし、ここまで行くならトゥルムで1泊し、近くにあるコバ遺跡やグラン・セノーテにも足を運びたい。遺跡近くにあるトウルムの街まではカンクンから高速バスが頻繁に走っているし、ホテルも街や遺跡周辺に数多くある。

コバ遺跡までは、トゥルムの街から午前中に数本の高速バスが出ている。所要時間約1時間。その道の途中にグラン・セノーテという地下の湖もある。

カンクンからチチェン・イッツア、エク・バラン遺跡

カンクンから西に向かうと、チチェン・イッツアエク・バラン遺跡がある。

チチェンイツアはマヤの中では最も有名な遺跡で、一年を通して多くの観光客で賑わう。エク・バランは新たに発掘と修復が行われた新しい遺跡だが、見事な彫刻が施された王墓などが残されている。

カンクンからは、エク・バラン遺跡の近くにあるバジャドリッドという街までバスで2時間半くらい。そこからは、エク・バラン遺跡までタクシーで約30分、チチェンイツアまではバスで1時間ちょっとだ。

バジャドリッドはコロニアルスタイルが美しい、静かな落ち着いた街で、欧米の観光客に人気がある。

メリダからウシュマル、カバー、マヤパン遺跡

マヤ遺跡巡りの最大の拠点は、ユカタン半島北西部に位置する大都市メリダだ。

この周辺にはウシュマルカバーラブナマヤパンなどの遺跡がある。特に人気が高いのがプーク様式の壮麗な神殿群が残るウシュマルとカバー遺跡だ。この2つの遺跡は同じルート上にあり、ローカルのバスで行くことができる。

プーク様式を存分に楽しみたい人には、さらにラブナ、サイルなどを加えた5つの遺跡を回る「ルータ・プークツアー」も毎週末に催行されている。ツアーの申し込みは1等バスターミナルでできる。


ユカタン半島の南部は近年になって遺跡の発掘調査が進んだ地域。この地域にも数多くのマヤ遺跡があるが、その多くはまだ修復や整備が十分でなく、アクセスが悪い遺跡も多い。


チェトゥマル周辺

この地域の中心都市チェトゥマルの近くにはズイバンチェ、コウンリッチなどの遺跡がある。いずれも街からタクシーでアクセスできる。また、チェトゥマルの中心部にはマヤの全体像を模型や複製などの近代的な展示によって説明するマヤ文化博物館がある。

シュプヒルからカラクムル、ベカン、チカンナ遺跡

チェトゥマルから西にバスで2時間ほどのところにあるのがシュプヒルという小さな町。この周辺に遺跡が多いため、この街をベースに遺跡巡りをする人が多い。

この地域で最大の遺跡は、世界遺産に登録されているカラクムルだ。近年、この遺跡の人気が高まっており、近くにできた高級ホテルに宿泊し、ホテルが用意したツアーで遺跡に行く人も多い。

シュプヒル周辺には、シュプヒル、ベカンチカンナといった遺跡がある。いずれも、こじんまりした遺跡だが、特にチカンナ遺跡はリオ・ベック様式の華麗な神殿彫刻などが見れるため人気が出ている。タクシーを雇えば1日で付近ので3、4カ所の遺跡を巡ることができる。

カンペチェからエズナ遺跡

シュプヒルからバスで4時間ほどのところにあるのが世界遺産都市カンペチェ。非常に美しいコロニアル様式の街で、観光客も多い。ここから、カラクムルなどの遺跡巡りのツアーも出ている。

この街の近くにはエズナ遺跡があり、他の遺跡では例を見ない5層の階段状になったピラミッドがある。カンペチェ市内から遺跡ツアーが出ているが、ローカルバスで行くこともできる。所要時間1時間ちょっと。

 

メキシコ南部に位置するチアパス州は「パレンケ遺跡」などのマヤ遺跡の宝庫だが、観光化があまり進んでいない遺跡も多い。また、マヤ先住民の村もいくつかある。


サンクリとマヤの村

メキシコ南部のチアパス州の町サン・クリストバル・デ・ラス・カサス(サンクリ)はコロニアル風の落ち着いた古い町並みが残っており観光客に人気がある。また、この町はメキシコにおける先住民マヤ族の研究のメッカとなっており、周囲の山中にはマヤの人たちが伝統的な生活を守っている村がいくつもある。

有名なマヤの村はバスで30〜40分くらいのところにサンファン・チャムラとシナカンタンがある。いずれの村にもサンクリから定期バスが出ているので、それを利用すればいい。

パレンケ遺跡、トニナー遺跡

サンクリからバスで5時間ほどでマヤ最大の発見の舞台となった世界遺産パレンケ遺跡がある。その途中のオコシンゴという町の近くには「トニナー遺跡」がある。オコシンゴからパレンケに行く途中には「アグアス・アスーレス」という、青い水をたたえた美しい川があり、夏は水浴びする人で賑わう。

ボナンパク、ヤシュチラン遺跡

パレンケからはボナンパクヤシュチランといった神秘的な遺跡に行くことができる。パレンケの旅行社でツアーを出しており、1日で二つの遺跡を巡るコースがある。

 

グアテマラ北部は広大なジャングルに覆われたマヤ遺跡の宝庫で、近年、観光開発も進んでいるマヤ世界巡りのメインロード。


湖に浮かぶ町フローレス

グアテマラ北部にあるペテン・イッツア湖は、古代マヤ最後の都市サヤスチェがあった場所。この湖に浮かぶ町フローレスは、周辺のマヤ遺跡を巡る観光基地として発展しており、ホテル、レストランなどが集まっている。

ティカル遺跡

マヤ遺跡巡りのハイライトがマヤ最大の都市と呼ばれるティカル遺跡。フローレスからはティカル遺跡まで観光客用の送迎のバスと路線バスが出ている。ティカル遺跡のそばにも数軒のホテルがある。

ワシャクトゥン、ヤシャ、エル・ミラド−ル遺跡

ティカルの北約20kmにあるワシャクトゥン遺跡には、フローレスの向かい側にあるサンタ・エレナの市場からバスが出ている。このほか、ヤシャ、ナランホなどの遺跡にはツアーがあるが、シーズンオフにはツアーが行われないので注意。さらに北約70kmにはエル・ミラドールという未開発の巨大遺跡があるが、ここに行くには3〜4泊のジャングルトレッキングツアーがある。ただし、体力に自信がないと参加できない。このほかヘリコプターツアーが7月と8月には催行されている。

アグアテカ、セイバル、ドス・ピラス遺跡

フローレスの南に位置する町サヤスチェ周辺にもマヤの遺跡が点在している。ほとんどは未開発の遺跡だが、旅行シーズンには各遺跡へのツアーがサヤスチェから出ている。セイバル遺跡には車で行くことができるが、アグアテカとドス・ピラスはボートを使ってアクセスする。

 

グアテマラ南部は高地にあるマヤの町や村が中心になる。遺跡はあまりないが、マヤ文化の魅力を存分に堪能できる地域だ。


グアテマラシティとアンティグア・グアテマラ

グアテマラシティの近郊には、マヤの最も古い時代の遺跡の一つである「カミナルフユ遺跡」がある。今は、マヤの人々の信仰の場として使われる公園になっている。シティには「国立考古学・民俗学博物館」と「ポポル・ブフ博物館」、マヤの織物を集めた「イシチェル民族衣装博物館」がある。

 アンティグアは昔の首都でスペイン風のコロニアル様式の町並みが残る美しいところだ。ここには外国人の長期滞在者が多く、スペイン語の学校も多い。アンティグアの郊外には「サンアントニオ・アグアスカリエンテス」という、美しい織物を作る村がある。

パナハッチェルとアティトラン湖

パナハッチェはグアテマラ人が世界一美しいと誇るアティトラン湖のほとりにある町。アティトラン湖の周辺には伝統文化を大切にするマヤの村々が点在し、湖の自然も美しい。このため、昔から多くの観光客がこの地を訪れている。

ここには観光客向けのホテルやレストランが多く、価格も安いので長期滞在する人が多い。サンティアゴ・アティトランなどの対岸の村には、町の前の桟橋から定期的に出ている遊覧船で行くことができる。

神話の里 チチカステナンゴ

チチカステナンゴはマヤを知るために外せない町だ。町の中心にあるサント・トマス教会は、18世紀初めに古代マヤ文明の聖なる書「ポポル・ブフ」が発見されたことで有名になった。このため、サント・トマス教会はマヤの聖地としての扱いも受けている。

チチカステナンゴでは木曜日と日曜日に市が開かれ、教会前の階段に色鮮やかな民族衣装を着たマヤの女性たちが大勢集まって花を売る。

ケツアルテナンゴと周辺の村

チチカステナンゴから西に車で1時間ほどのところにあるのが、グアテマラ第二の都市ケツアルテナンゴ。この街は、スペイン植民地時代のコロニアル様式の建物が多く残っている。

街の郊外にはスニルなどのマヤの村があり、美しい田園風景と独自デザインの織物を使った民族衣装を着ている女性が多い。

ウエウエテナンゴと周辺の村

チチカステナンゴから北西に2時間ほどのところにあるのがウエウエテナンゴ。メキシコ国境に近いことから、交通や流通の拠点として経済的に発展したグアテマラでは大きい町だ。この町から20分ほどのところにスペイン軍に滅ぼされたマヤの都市、サクレウの遺跡がある。また、バスで30分ほどのところには、美しい帯の織物で有名な村アグアカタンがある。

ここから、バスで北に5、6時間ほど行ったところには、マヤの伝統文化を守り続けている美しい村トードス・サントス・クチュマタン、さらに北へ山中を進むと、太陽をデザインした民族衣装で有名なサンマテオ・イシュタタンがある。

 

グアテマラ東部は隣国ホンジュラス、エル・サルバドルとの三国にまたがるマヤの辺境地域になる。大規模な遺跡はないが、キリグア、コパン、ホヤ・デ・セレンといった世界遺産の遺跡を中心に、他の地域では見られないマヤの優れた石彫群や古代の集落などを見ることができる。ただ、他のルートと比べて遺跡間の距離が離れているので回りずらいのが問題かもしれない。


キリグア遺跡

グアテマラシティから北東部の主要都市プエルト・バリオスに向かう幹線道路近くにあるのが世界遺産のキリグア遺跡。マヤの世界終末論の元になった石碑やマヤ最大の石像などがある。

コパン、エル・プエンテ遺跡

コパンはマヤ文化圏の東部で最大の勢力を誇った世界遺産の古代都市。一般的なマヤの石彫とは異なる手の込んだ石碑や祭壇が数多く残されている。近年では、日本の調査団の協力によりピラミッド神殿の地下から別の華麗な神殿が発見されたりしている。

コパンの北東に車で1時間ほどのところにあるラ・エントラーダという町の近くにあるのがエル・プエンテ遺跡。ここは、日本の青年海外協力隊が発掘調査と復元を手掛けた。

ホヤ・デ・セレン、サン・アンドレス遺跡

エルサルバドルの首都サン・サルバドルの近郊にあるのが、世界遺産のホヤ・デ・セレン遺跡。ここは、火山の爆発によって火山灰に埋もれたマヤの集落跡で「中米のポンペイ」と呼ばれる。

ホヤデ・セレンに近い幹線道路脇にあるのがサン・アンドレス遺跡。こじんまりした遺跡だが、綺麗に整備されており、博物館もある。

 

ベリーズにはマヤの遺跡が多く、熱帯林などの自然も豊かなため、近年、欧米の観光客を中心に人気が高まっている。


オレンジウォークとラマナイ遺跡

ベリーズ北部に位置するオレンジウォークは何もない田舎町だが、観光客向けのホテルが数軒ありラマナイ遺跡とアルトゥン・ハ遺跡へのツアーが出ている。ラマナイ遺跡に行くボートツアーは、熱帯林の中の川を高速ボートで走り、途中、ワニやサルなどの野生動物を楽しむエコツアーになっている。遺跡も原生林に包まれて神秘的だ。

サン・イグナシオとカラコル遺跡

サン・イグナシオはベリーズシティから西へバスで3時間ほど。グアテマラ国境に近く、マヤ有数の遺跡地帯に位置する町。

この地域にはカラコルシュナントゥニチ、カハルペチといった遺跡がある。見所は、ティカルと覇権争いを繰り広げた古代都市カラコル。ツアーは町の旅行社が出している。

シュナントゥニチ遺跡は町からタクシーで30分くらい、カハルペチ遺跡は町から歩いて30分くらいで行ける。国境を越えてグアテマラのティカル遺跡にも行くツアーも出ている。




ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved