マヌエル・アントニオ国立公園



マヌエル・アントニオ国立公園 (コスタリカ)


ビーチが人気の自然公園に行く



コスタリカで一番人気のマヌエル・アントニオ

コスタリカで最も人気があるといわれる自然公園がマヌエル・アントニオです。熱帯地方の海岸沿いにあるため、一年中、海水浴を楽しむ人が絶えません。公園内には猿やナマケモノなどの動物が多く生息し、自然観察が楽しめます。また、公園内の美しいビーチは、人が少ないのでゆっくり楽しめる利点があります。公園の前にも長いビーチがあり、こちらは多くのレジャー客でにぎわっています。

マヌエル・アントニオ地図
コスタリカの首都サンホセからマヌエル・アントニオまでケポス経由のバスで約3時間半。このバスは1時間に1本ほどあります。ケポスの町はサン・アントニオ観光のベースとなっているため、国立公園前まで頻繁にバスが出ており所要時間は約30分。国立公園前には数多くホテルやレストランがありますが、価格は高めです。リーズナブルな宿泊や食事を希望するならケポスに宿を取り、そこからマヌエル・アントニオまでバスで通う方法もありです。

 

マヌエル・アントニオへ

マヌエル・アントニオ行きのバスはコスタリカの首都サン・ホセから出ています。私は、午前9時発の直行バスで出発。バスは満員。クーラーなどついていないボロバスですので車内は大変な暑さですが、乗客は我慢しているしかありません。3時間でケポスという街に着きました。

ここで、ほとんどの人が降りてしまいました。この町は、マヌエル・アントニオ観光のベースになっていて、ここのホテルに泊まって、バスで国立公園まで出かけていく人が多いのです。公園周辺のホテルやレストランの値段が高いためだろうと思います。


ケポスのバスターミナル

ケポスから30分ほどでマヌエル・アントニオに到着。終点で降りると、リゾートホテルの前でした。まずはホテルを探しです。このリゾートホテルは高そうなので周辺を歩き回りましたがなかなか見つかりません。後から分かったのですが、一つ前の停留所で降りると、国立公園のゲートにつながる道筋にたくさんホテルがあったのです。

この写真の場所が終点の一つ前の停留所になる


国立公園のゲートにつながる道沿いにホテルが並んでいる。


ビーチにのレストランで食べたチャーハン。味はいまいち。


国立公園に入る!

マヌエル・アントニオは朝7時に開門です。私は7時過ぎにゲートでチケットを購入。聞くと、「一度出たら再入場できないし、中には売店などはない」ということでしたので、近くの売店で水と軽食を買ってから入りました。


国立公園の入場ゲート。会社の門みたい。


人気の公園だけに、朝早くから大勢の観光客がガイドと共に歩いています。密林の中にはところどころ写真のような木道が作られていて、茂みの中に入って行くことができます。


鬱蒼とした森に入る木道。


木道を歩いていると、数匹の中型のサルが現れ木から木へ渡って行きます。そのうちノドジロオマキザルが目の前に現れてこちらを見ていました。この猿は、人を恐れないためかよく出会います。


人を恐れないノドジロオマキザル


小さなリスザルの群れにも会いました。ただ、数が多いと聞いたナマケモノは見ませんでした。ガイドを雇うと、望遠鏡を使って探してくれるようですが…。


小さなリスザルもたくさんいる


メキシコから中米にかけて多く生息するイグアナもいます。


美しいビーチを楽しむ

マヌエル・アントニオのもう一つの特徴は、公園内に綺麗なビーチがあることです。ここが人気の理由は、実は動物よりもビーチがあるからなのです。公園の外のビーチとは違い、入場料が必要な公園の中は人が少なく、海岸も綺麗です。

一人旅だとお金や貴重品を抱えて海水浴を楽しむのは難しいのですが、公園内には数少ない観光客しかいませんし、ビーチに置いた荷物に注意しながらでも海水浴ができるのです。



公園内のビーチは人が少なく綺麗です。


結構長いビーチです。


ビーチが目的で入場し、一日中楽しむ人たちも多いのです。


ビーチではアライグマに注意。食べ物を持っていかれます。


夕焼けが美しいビーチ

ビーチでのんびりし、日が傾く前に公園の外に出ました。昼間は大勢の人でにぎわった外のビーチも、夕方になると人影がまばらになってしまいます。美しい夕焼けの中で、地元の子供たちが走り回って遊んでいました。



公園の外では大勢の人がビーチを楽しんでいます。



ビーチの夕焼けは美しかった。


線

 

ページトップへ

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2021, K.Norizuki.all rights reserved