サン・フアン・チャムラ(マヤの村)  メキシコ




守り続けた古代マヤの伝統

サン・ファン・チャムラの教会前広場。ここで日曜市が開かれる

メキシコのチアパス州にあるサンクリストバル・デ・ラス・カサスという町の周辺にはマヤの伝統文化を守る人々が住む村が多いが、中でも有名な村がサン・ファン・チャムラだ。

この村で生まれたマヤの民を主人公とした物語「コーラを聖なる水に変えた人々(現代企画室刊)」を読むと、マヤの人々の生活の一端が垣間見える。30年ほど前まで、この村の人々は自分たちの伝統文化を守るため、異文化の侵入に抵抗していた。村を訪れた観光客が無断で写真を撮ると、捕まえて牢に入れたこともある。

しかし、急速な時代の流れがこの地方を襲い、サンクリストバル周辺が観光地として注目を集めるとともに、伝統を守る力は弱まっていった。今では、観光客相手の商売をする人が多く、写真撮影に文句を言う人もいない。

 

 

チャムラ
サンファン・チャムラの日曜市。果物、野菜から日用品まで様々なものが売られている。ここの女性は青いポンチョ、男は白いポンチョを腰のベルトで止め、カウボーイハットをかぶるのが昔からの定番。


町のところどころに置かれている十字架。以前はここに黒服の女性たちが座っており、「写真は撮るな」と言われた。

村には民芸品店を売る店がたくさんある。ただ、観光客相手の安物が多く、織物も刺繍も質が良くないのが問題。


村の中心にある、教会前広場に面した村役場と警察の建物。


30年前に撮影した上写真と同じ場所。当時、乗り物にはまだ馬が使われていた。


サン・ファン・チャムラの訪問レポートはこちら
第5回 サンクリストバル・デ・ラス・カサス
        

線


行きかた
サンクリストバル・デ・ラス・カサス周辺地図

メキシコ地図
メキシコシティからサンクリストバル・デ・ラス・カサスに行くには、飛行機で州都トゥクストラ・グティエレスまで飛び、そこからバスで約2時間。メキシコシティやオアハカから長距離バスも出ている。サンクリストバルからサンファン・チャムラまでは乗り合いのマイクロバスが頻繁に出ている。所要40分程度。


HOME 案内 中米の遺跡 南米の遺跡 世界遺産 コロニアル都市


ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved